PHILOSOPHY

「人はなぜ絵を描くのだろう?」
その答えを知りたくて私は絵を描き始めた。
私にとってこの疑問を探求することは、人と社会におけるアートの存在意義を探ることでもあった。
 
私はこの探求を通して、自分自身の制作活動にはじまり、自己との対話、他者との対話、社会との対話をさまざまなアートプロジェクトとして表現してきた。
そしてそのすべてが私のアートである。
 
昨今、社会が抱える課題は多岐にわたり、混迷の色を深めている。先行き不透明な時代であることには間違いないが、未来への可能性はどちらにもその門戸を開いている。
本来の意味でのアートが未来創造のエネルギーになることを私は信じている。

"Why do we paint?"  I wanted to know the answer.  That's why I started painting.
For me this enquiry is also an enquiry into the meaning of art for humans and society.
 
I have explored this question, beginning with my object-making art practice, and I have also sought to give expression to the dialogues with myself, dialogues with others, and dialogues with the world through my art projects. They are all part of my art.
 
These days, the problems we face as a society have become wide-ranging and increasingly chaotic. There's no doubt we live in uncertain times but the doors to the future could swing either way. I believe that art - in its truest form - can be a force for creating the future.